立川「WISH BONE」のまんまるハンバーグを食べに行こう

スポンサーリンク

★★★☆☆

立川南口に、WISH BONEというハンバーグ屋さんがあり、いつも前を通りがかっていたのですが、なかなか1人だと行く機会がありませんでした。
ネット評価もかなり高いので、相当気になっていたんですけど。

男という生き物はいくつになってもハンバーグに目がありませんよね。
家庭で出て来てやっぱり1番喜ぶのはカレーかハンバーグです。

立川でスタジオ練習した帰り、お昼ご飯を食べようということになったが、誰も行きたいお店がなかったみたいだったので、ここを提案してみた。
案の定、その提案はすっきり決済がおりたのだが、なにぶん小さめのお店なだけに、5人で入れるか心配だった。
到着したのは12時ぐらいであったが、すでにお店の中はいっぱいであった。
お店の人が外まで出て来てくれて、メニューを手渡してくれる。
先に注文だけ受けてくれるという。
冬の終わりの少し肌寒いなか、美味しそうなメニューを眺め、これからありつける昼飯に心を踊らせていた。
メニューにはハンバーグを中心に、チキンの照り焼きなどもあったのだが、もはや全部絶対に美味いだろうなという確信があった。
肉を焼いて不味いなんてことは稀であるし、なにより評判の良い繁盛店だ。
写真も美味しそうだ。
そうしてチョイスしたのは、スタンダードなオリジナルハンバーグ。
まず1回目はスタンダードなものを食べたいのだ。

注文を店員のお姉さんに伝え、5分ほど待つと店内に入ることができた。

20150307-223543.jpg

まず、席に座るとすぐにランチに付いているスープとサラダを出してくれた。
外がちょっと寒かったので、温かいスープは嬉しかった。
コクのあるスープはとても美味しく、サラダもドレッシングに甘みがあって美味しかった。

ほどなくして、ついにハンバーグが登場した。

20150307-224101.jpg

オリジナルハンバーグ オニオンソース ライス・サラダ・スープ付ランチセット(1200円)。
しかもランチはライス大盛り無料です。

このハンバーグ、中がレアになっていて、食べて1番驚くのは、お肉が柔らかいところ。
ふわっとしていて、ナイフが抜くてもフォークだけでサクッと切れます。
口に入れると、ふわっとした食感とともに、ほのかな肉の甘みが広がります。
なかなか美味い。

ただ、美味いハンバーグといえば肉汁がジュワッと溢れてくるものを想像するかと思うが、ここのはそういうのとはタイプが違う。
そういう肉汁まみれのものは、男の自分としてはすごく好みなのだが、さっぱり系のこういうハンバーグもなかなかうまい。
語弊がないように特筆したいのは、さっぱり系といえど、決してパサパサしてるわけではないということ。
よく、お家で作ったハンバーグは、翌日の朝とかになると固く、パサパサしてしまっている。
ここのはとてもとてもそんなものではなく、柔らかく、しっとりとしている。
肉汁はそれほどないのにしっとりしているのはなぜか。
それは、中がレアだからだ。
レアでも食べれるのは、良いお肉の証であり、実際に食べてみると、肉の甘みが広がり、質の良さを感じることができる。
しっかり焼いて欲しい人は、注文時に焼き方を聞いてくれるので、そこでオーダーすれば大丈夫だ。

ちょっとお値段は張るが、なかなか良いお店だった。
もうちょっと安ければ気軽に行けるのだが、そこはお肉の質と、立地の良さ的に仕方ないのだろう。
「今日はどこいこうか」ってなったときに、優しいハンバーグが食べたいって言われたら、またお伺いしてみようと思います。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です