NAS BUFFALO LS-V2.0TLJ レビュー

スポンサーリンク

NASとはNetwork Attached Storageの略です。
つまり、「ネットワークに繋がったハードディスク」ってことですね。
通常の外付けHDDはUSBなどで繋いで使用しますが、このNASはUSBなどの線を使わずにネットワーク経由でデータをやりとりします。
その利点は、線を付け替えなくても複数のデバイスからデータにアクセスできる点です。
そしてもう1つは、スマートフォンを持っていれば外にいる時でも家のデータを取り出せるという点です。

できる事は大体Dropboxと一緒です。
ではなぜDropboxがあるのにNASを買ったかというと、まず1つ目に容量が足りなくなったからです。
Dropboxは無料でも最大5GB程度しか使えないので、動画や音楽をポンポン入れているとすぐにいっぱいになってしまいます。
次に2つ目の理由は、Dropboxなどのwebサービスはいつサービスが終了するかわからないからです。
これだけユーザー数の多いサービスが突然終了するということはないと思いますが、やはり大事なデータは手元に置いておきたいものです。

ということでアマゾンで1番評価が良さそうだったこのNASを購入。

2013-03-27 21.25.10
箱はこんな感じ。

2013-03-27 21.28.51
内容は本体、電源、LANケーブル、セットアップCD、取扱説明書です。
あと本体の下に貼る小さいゲルみたいなのも付いてました(緑の袋)。
私は使いませんでしたが。

2013-03-27 21.30.00
正面から。かっこいい。

2013-03-27 21.30.38
後ろから。光沢があって高級感あります。

2013-03-27 21.29.50
後ろのポート。上からUSB、LAN、電源です。

2013-03-27 21.31.58
参考になるか分かりませんが太さを鉛筆と比較。そんなに厚みはないですね。

NASを使うのは初めてだったので設定が難しいんじゃないかと思ってました。
ですが、なんと説明書が裏表1枚だけなんです。めっちゃ簡単に出来ます。
設定の流れは、
①電源を刺し、LANでルータと繋ぐ
②電源を入れる
③PCにセットアップCDを入れて指示通り進む
④スマホ・タブレットを使いたかったらアプリを落として指示通り進む
これだけです。

以下、Macで設定していきます。

2013-03-27 21.59.00
まずLANと電源を接続。

2013-03-27 21.59.10
電源を入れるとランプが点滅→点灯に変わります。

1
PCにセットアップCDを挿入。LinkNavigatorを起動。

2
起動した画面。かんたんスタートをポチリ。

3
起動してます。

4
Macのパスワードとか入れてたらあっという間に終了。

5
最初はデフォルトで2つのフォルダが入ってます。

ここからiPadの設定をしました。
スマホ・タブレットはアプリを落としたりなんだりするんですが、
BUFFALO – Webアクセスの初期設定手順
これの通りそのまんまやっていけばいつの間にか出来ます。

6
そうするとスマホ・タブレットで参照できるフォルダがもう1つ勝手に出来ました。

7
そのフォルダに猫の画像を入れてみます。

8
こちらはiPadのアプリから見た画面。
超簡単に共有できました。

ということで、無事に設定することが出来ました。
ネットワークの知識が全然なくても簡単にセットアップ出来ます。
NAS、かっこ良く言えばプライベートクラウドが欲しい人にはオススメです!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です