米澤穂信『ふたりの距離の概算』感想 – いろんな距離が描かれた物語

★★★★☆ 米澤穂信先生の古典部シリーズ第5巻、『ふたりの距離の概算』読み終わりました。 ネタバレ注意です。 まず、この作品の話しの構成が好きですね。 回想がたくさん入りますが、実時間は全てマラソン大会がスタートしてから … 続きを見る