神棚のない賃貸アパートで神社のお札をキレイに祀る方法

スポンサーリンク

先日、伊勢神宮に参拝してきたそらちです。

神社に参拝し、お札をいただいてきた場合、一軒家などであれば、神棚にお祀りするのが正しい方法です。

さらに、お札は神様への敬意を込めて、自分よりも高いところにお祀りした方がいいと、伊勢神宮でいただいたリーフレットにも書かれておりました。

しかし、賃貸のアパートやマンションでは、壁に穴を開けて、神棚を取り付けるわけにもいきません。

そこで、壁に大きな穴を開けなくても、簡易神棚を使って、キレイにお札を祀る方法を見つけましたので、記載します。

簡易神棚がくるまで

ネットで簡易神棚を注文し、到着するまでは、部屋の1番高いところである、本棚の上段に置いていました。

お札がアイドルに埋もれてしまって、異様な光景となっています。

棚の上をお札だけにすれば、ここでも良いとは思いますが、若干高さが自分よりも下なので、やはりもう少し高いところにお祀りしたいところ。

簡易神棚に祀る

お札は、神様からいただいているものなので、直接画鋲を刺したり、テープで貼ってしまうのは心が引けるもの。

そこで、簡易神棚という以下の商品を使うことにしました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

簡易神棚 御神札受けコムサ COMME CA
価格:1944円(税込、送料別) (2017/2/19時点)

この簡易神棚は、画鋲を壁に刺して、そこに磁石のついた木台をくっつける方式です。

到着した段階では、4つの画鋲が入っています。

試しに木台をくっつけてみると、以下のようにしっかりくっつきます。
磁力はそれなりに強く、落ちてくることはなさそうです。

壁に取り付けてみて、お札を祀りました。

木台がオシャレでいい感じです。

今回頂いてきたのが、剣祓い(けんはらい)という剣の形をしたお札だったので、上の木台は取り付けませんでした。

そのため、下の木台の上に置いて、壁にもたれかかっている状態ですね。

通常の長方形のお札であれば、上の木台も付けて良い感じにお祀りできると思います。

1つだけ注意なのは、画鋲を奥まで刺さなかった場合、木台と壁の間に隙間ができます。

壁にもたれ掛けさせる方法であれば問題ないですが、あまりにもピッタリ壁に全面をつける方法だと、隙間から落ちてしまいます。

まとめ

これで、僕の部屋も天照さまのご加護をいただけるといいですね。

神社好きだけど神道ってわけじゃないんでアレですが、せっかく頂いたので、出来るだけ毎日手を合わせられたらと思います。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です