NASのTime Machineで「バックアップはすでに使用中です」と出たときの対処法

スポンサーリンク

BaffaloのNASを無線LAN経由でMacに繋いでTime Machineしていただんだけど、結構頻繁に「バックアップはすでに使用中です」ってエラーが出て、全然バックアップできないという事象が発生していた。

個人でやってるwebの開発をローカルフォルダのVagrantでやっているので、Mac自体のバックアップは結構重要。
開発してたの吹っ飛んだら泣くしね。

ということで、以下原因と対処法です。

原因

原因は、Time Machineに設定した共有フォルダが、複数のルートからアクセスされていること。

スクリーンショット 2016-08-13 19.06.13

Sakuramochiっていうのは僕がNASにつけてる名前ね。
なぜか2ルート共有されてしまっている。

なぜ複数のルートから接続されるかは分かんないんだけど、おそらく以下の2つのルートだと考えられる。

  • NAS Navigator2からの接続
  • MacのTime Machine機能からの接続

NAS NavigatorっていうのはBaffaloのNASに繋ぐための純正ソフトだけど、これを使うと、標準で用意されたユーザがアクセスできるNAS上の共有フォルダを、全てアクセスできる状態にするっぽい。
一方、Macも自分でNASのTime Machineフォルダにアクセスしにいこうとするから、これでバッティングして、「すでに別のユーザが使ってるからTime Machineフォルダに書き込めねえわ」ってなってるんだと思う。
自分で繋いでるのにね。

解決策

解決策としては、NAS NavigatorからTime Machineフォルダにアクセスできなくすればいい。
具体的には、Time Machine専用ユーザを作り、Time Machineフォルダにはそのユーザしかアクセスできないようにする。

スクリーンショット 2016-08-13 18.54.30

webアクセスなんかも必要ないから、切った方が良さそう。

そしてMac側のTime Machine設定で、その専用ユーザとパスワードで接続するように設定する。

スクリーンショット 2016-08-13 18.59.14

すると、NAS Navigator経由の共有画面からはTime Machineがなくなり、無事バックアップをすることができた。

スクリーンショット 2016-08-13 18.56.46

一件落着ですね。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です