smarmでtwitter連携がうまくできない場合の対処方法

スポンサーリンク

久々にswarmを使ってチェックインアピールでもするかぁと思ったんですが、twitterのアカウント名を変えていたせいで、今のアカウントが連携できる一覧に入っていませんでした。

そして、連携設定のところからwebが開いて、アプリの承認が出来るかと思ったら、そういう仕組じゃないみたいです。
どうやら、iPhone自体に設定されているtwitterアカウントを引っ張ってきて、一覧出力してるらしい。
私自身、iPhoneではtwitter公式アプリは使ったことがなく、tweetbotを使い続けているため、端末自体にtwitterアカウントが登録されているなんて知らなかったです。

最初はやり方がわからなかったのですが、色々いじってたら出来たので、そのやり方をご説明します。

①「設定」アプリを起動
img_1362.jpg

②上部の検索バーから「twitter」で検索し、twitterの公式アプリのような項目を選択
img_1364.jpg

 「tw」だけで出てきました。

③「アカウントを追加」のところを押して、IDとパスワードを登録
img_1365.jpg

 このとき、twitterの公式アプリをインストールしていなくてもOK。

④ホームに戻ってswarmを起動し、設定メニューを開く
img_1368.jpg

⑤「Facebook & Twitter」を選択
img_1369.jpg

⑥「Twitterを追加」を押す
img_1370.jpg

⑦先ほどiPhoneに登録したアカウントを選択
img_1373.jpg

⑧完了です
img_1361.jpg

これで無事アカウント登録ができ、ちゃんとツイート連携も出来ました。

ご参考にしてみてください。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です