常に体がダルい。。そんな人にオススメのクエン酸飲料メダリスト

スポンサーリンク

寝ても疲れがとれない。
体がいつもダルい。
そんな症状はございませんか?

3f309a017086085b6ce8065d97956002_s

もしかしたらそれは、体にクエン酸が足りていないせいかもしれません。
特に、体が酸っぱいものを欲しているような気がするときは、その可能性が高いです。

クエン酸回路とは?

人間をはじめとする酸素呼吸を行う生物には、クエン酸回路という仕組みが存在しています。
これは、1937年にドイツの化学者ハンス・クレブスが発見した理論で、ノーベル生理学・医学賞を受賞しています。
その内容は、食事から摂取した栄養素が、身体の中でブドウ糖やアミノ酸となり、さらにそこから様々な酸に変化していくのですが、その過程で人間が活動するためのエネルギーが生まれます。
それが、人間の中のエネルギー生産工場、クエン酸回路なのです。

難しい単語が出てきましたが、ようは食べたモノをエネルギーに変える仕組みがクエン酸回路です。

そして、クエン酸回路はその名の通り、クエン酸の力を使って機能しており、十分にクエン酸があるときは潤滑に回ります。
しかし、クエン酸が足りなくなると、この回路がうまく回らなくなって、体でエネルギーが生成できず、倦怠感や疲労感として出てきてしまいます。
疲れやすい人、慢性的に疲労感がある人は、この状態に陥っている可能性があるのですね。

クエン酸飲料メダリストとの出会い

私も数年間ダルさがずっと取れず、だましだまし仕事をしてきたのですが、ようやくこの原因に気づきました。
そのきっかけが、メダリストというスポーツドリンクでした。

ali-setu1

私は学生時代ずっとバスケ部だったのですが、中学のころの体育の先生に勧められて、ずっと飲んでいたスポーツドリンクがメダリストです。
「昔はそういやこんな体ダルくなかったなあ」
と思ってまたスポーツ用品店で買って飲んでみました。

そしたら、2週間ほどで体のダルさが緩和されてきたのです。
なにか、全身の至る所に溜まっていたダルさ成分が、スーッと流れていった感じです。

メダリストの成分はビタミンやミネラルといった、スポーツでの水分補給のためのものが入っているのですが、それに加えてクエン酸がたくさん入っているのです。
なので、色はとても黄色く、味も酸っぱいです。
このクエン酸により、それまで滞りまくっていたクエン酸回路が、油をさされた歯車のように回り始めたんだと思います。

クエン酸のデトックス効果

クエン酸には、体の解毒効果もあるようです。
体が疲労すると、体内に乳酸やピルビン酸といった疲労物質がたまります。
そうなると、血液は酸性に傾いてきてしまい、ドロドロの状態になってしまいます。

クエン酸は、それら乳酸などを完全に燃焼させる効果があるため、クエン酸を取り続けていると体内から疲労物質が減っていきます。
そうすると、血液は徐々にアルカリ性に近づいていき、さらさらな状態になります。
これがクエン酸のデトックス効果です。

体がアルカリ性になると、不思議とクエン酸が酸っぱくなくなり、若干甘く感じてくるようになります。
不思議ですよね。
なので、クエン酸の味によって、今どれくらい疲れているのかを測ることも出来るのです。
慢性疲労の方は、メダリストが最初とても酸っぱく感じると思います。
ですが、続けていくうちに徐々に甘く感じてくるようになってきます。
 
 
以上がクエン酸の効果の簡単な説明です。

いつも疲労感が抜けない。
そんな方には、ぜひクエン酸を試して欲しいと思います。

フルーツなどでクエン酸はとることが出来ますが、面倒な方はメダリストをおすすめします。
ゼビオやDEPOなどのスポーツ店で売られていて、日本のアリストというメーカー製です。
千葉ロッテマリーンズでも採用されているみたいですね。

では、みなさんの健康的な生活をお祈りしておりますー。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です