標準としてのコーヒー@カルディ コロンビア飲んでみた

スポンサーリンク

★★★★☆☆☆☆☆☆

20150708-191313.jpg

画像まちがえました。

20150708-191234.jpg

コロンビア産のコーヒーといえば、苦味と酸味のバランスがとれた、マイルドコーヒーのスタンダードとしての位置づけがあるそうです。

飲んでみた感想としては、確かにバランスがいい。

酸味は柔らかいですがしっかり感じます。
コロンビアを買うまでは、楽天のタイムセールで買った澤井珈琲って店のブレンドフォルテッシモを飲んでました。
この珈琲、フレンチローストの超苦味寄りだったので、さらに酸味が際立って感じました。

ただ、やはり酸味が強いコーヒーはミルクに合わないんですね。
私は無類のミルク党なので、そこは痛いところ。

さらに、砂糖にもあまり合わない。
酸味系のコーヒーはブラックで飲むのが1番美味しいと思います。

コロンビアは、そのマイルドさを活かして、ブレンドの味を整えるために活躍しそうですね。

ではー。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です