世界一怖いというアメリカのお化け屋敷が完全にSAWの世界@MCKAMEY MANOR動画

スポンサーリンク

たまたまTwitterを見ていたら流れてきたのですが、世界一怖いというお化け屋敷アメリカ・カリフォルニア州にあるらしいです。

その名も「MCKAMEY MANOR」。

これすごすぎる!

はんぱでないリアリティです。
血まみれの人達は全員お客さんらしいですが、もはや本当に監禁されてるんじゃないかというパニック状態です。
こんな壮絶なお化け屋敷見たことないですね。

完全にSAW状態です。
途中から本当にここは臓器の売買組織で、表向きのお化け屋敷に騙されて入ってきた客を虐殺してるんだと錯覚しそう。
そうなったらもうパニックですね。
暗闇で拘束されて血まみれになって謎の怖い男に叫び続けられたら、そういう恐怖も襲ってくるんでしょう。

全部で4〜6時間かかって、最後まで辿り着いた人はいないっていうんだからもうコリ方が半端じゃありません。
上の動画を見ても、新しいスプラッター映画の予告編かと思うほどクオリティが高い。
特に、拷問道具のようなものや、檻、血糊などがめちゃくちゃリアルで、質感にこだわっているのが分かる。
製作者は本当にアメリカンスプラッターが好きなんだなと感じます。

ジャパニーズお化け屋敷である「幽霊」系とは一線を画すものですね。
幽霊系は「見えない恐怖」「知らないものへの恐怖」を掻き立てるものですが、ここみたいなアメリカン系のお化け屋敷は「身の危険の恐怖」がコンセプトになっています。
日本でいえば、富士急ハイランドにある戦慄迷宮がそうですね。
だいたいそういう系のお化け屋敷は、幽霊じゃなくてゾンビが出てきます。

自分的には、ゾンビ系はあまり好きじゃないんですよね。
戦慄迷宮は日本一怖いと言われていますが、全く怖くなかったです。
ゾンビ役の人がうあ〜と言ってくるわけですが、ビックリするだけで、その後は逆に冷めてきちゃいます。
「なんだ人か…」みたいな。
東京ドームシティにあるお化け屋敷の方がよっぽど怖いです。

ですが、このMCKAMEY MANORはゾンビ系の中でも最高にぶっとんでるので、多分行ったらトラウマになるほど怖いと思います。
というか、画像検索するとなんか虫系のものもあったので、ちょっと俺は無理ですね。。。
それさえなければ行ってみたいんですが。。。

ではではー。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です