サイクリング旅行記[email protected]国立のアメリカ 倶楽部六六食堂にいってきた

スポンサーリンク

★★★★★★★☆☆☆

20150702-183701.jpg

たまの休みに、いつもの通り松屋へ昼飯を食おうと外に出る。

そしたら、ドアを開けた瞬間に新鮮な空気が流れ込んできて、ビックリした。
空は雲ひとつなく晴れていて、日差しが燦々と降り注いでいた。
自分がいかに淀んだ空気をためた部屋に居たかがわかった。

それと同時に、松屋でご飯を食べることがもったいなく感じられてきた。
せっかくの休日なのだから、どっかに行ってみようと考える。

どうせなら、今年1回も乗れてないクロスバイクに乗ろう。
そう思いたち、油が切れきったチェーンに556をさす。

20150703-081907.jpg

国立へ向かう道は、広々としていて、沿道に木々もあり、とても爽快であった。

特に、一橋大学がある大学通りは、林のようになっていて、最高に気持ちがいい。

そんなこんなで走っていると、とても不思議な建物を見つけた。

20150703-082119.jpg

最初ただの物置かと思ったのだが、どうやら美容室と併設されているカフェらしい。

1人ではとても入りづらい雰囲気だったが、せっかくここまで来たのだからというのと、やはり冒険をしてみないといけないなという気持ちで、入ってみた。

20150703-082254.jpg

20150703-082327.jpg

まさかのお客さんはおれ1人。。

店内はアメリカンナイズな小物で溢れ、めちゃくちゃ格好いい。

自分の部屋をこういうデザインにしたいと思わないが、惹かれるものはある。
非日常感が味わえて楽しい。

メニューの方は、ハンバーガーやポテトみたいな、THE・アメリカな感じかと思いきや、意外にも体に優しそう。

私は、ナスの国立薬膳カレーを頼んだ。

20150703-082746.jpg

20150703-082803.jpg

20150703-082815.jpg

これが、とても美味しかった。

野菜の甘みが溶け込んでいて、食べた瞬間優しい味が広がる。
自分の理想としてるカレーの1つだった。
ナスの食感も良い。

薬膳カレーといいつつ、薬臭さなどは全くなく、薬膳っぽさは皆無です。
普通に美味しいカレー。
それで薬膳入ってて健康になれるなら儲けもんです。

コーヒーの方はちょっとえぐみが出てしまっていたので、ノーコメント。

また行きたいお店でしたね。
ではー。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です