[email protected]ガールズ感想

スポンサーリンク

★★★★★★★☆☆☆

20150503-164256.jpg

ローリングガールズ最高でした。

見始めたときから、おっこの絵はすごいなって思ってて、演出や色使いにどんどん引き込まれていきました。
バトルするときやバイクで走るときなどに、星のエフェクトが出たりして、めっさかっこいい。
というか綺麗。

絵もすごいです。
パステルカラーがふんだんに使われていて、とても色彩豊か。
背景が水彩画のようになってるシーンとかあって、美術にこだわりを感じます。
どなたによってこの色彩が作られているかは分からないのですが、色彩設定は小針裕子さんという方らしいです。
美術の田村せいきさんは、けいおんなども手がけている方みたいです。

OPアニメーションも素晴らしくて、キャラクターの服が透過していて、後ろの星などの背景が見えるような演出がされています。
めちゃめちゃ綺麗です。

さらに、声優さんがカバーしている、ブルーハーツの人にやさしくもすごく良い。
甲元ヒロトが歌うと反骨的なニュアンスを感じる歌も、声優さんが歌うことによって明るい青春ソングになっているところが面白い。
EDの月の爆撃機を始め、リンダリンダなど、劇中でもブルーハーツがふんだんに使われ、ロードムービーの青春感を高めております。

さらに設定もおもしろい。
全国の都道府県が独立して、県境は争っているっていうのがなんかワクワクします。
こうやって書くとなんだか重い話しのようですが、作品のポップな雰囲気と、ゆるいキャラクター達によって、重さはほとんどありません。

それでいて、キャラの秘めてる想いは熱いです。
毎回、各都道府県のシリーズの最後で、地元のメインキャラクターの感情が爆発するのですが、そこは本当に胸が熱くなる。
特に、名古屋編と京都編が好きでした。

最後のちーちゃんの話しも切なくて泣きそうになりましたね。
この旅がちーちゃんにとって本当に楽しくて、のんすけ達は本当に大事な仲間なんだなって分かりました。
良い仲間が出来て本当に良かったです。

先進的でかつノスタルジックで、とても素晴らしい作品でした。

ではー。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です