クリスマスを男と過ごす女子の割合とは

スポンサーリンク

20141226-200843.jpg

昨日めざましテレビでやってたんですけど、クリスマスに男と過ごす女の子の割合は18%ぐらいなんですって。

少なくない?!
クリスマスが1番男女が会いそうなものなんですが。

んじゃあ女の子はどうやって過ごしているかというと、女子会が1番割合が高くて22%ぐらいでした。
男と会うのはそれに次ぐ18%ぐらい。
あとは、1人で過ごすのが15%くらいでした。

もはや、5人に1人くらいしか男と会ってないんですね。
これって、クリスマスは男女で過ごすものっていう慣例が崩れ去ってますよね。
それで、「クリスマスに恋人が居ないとつらい」って空気もなくなってきたように思います。
必死に恋人を作らなくても、友達とでも1人ででも楽しくやればいいじゃんって空気を感じる。
ありがたい流れですね笑

最近は恋愛をしない or したくてもできない or したくない若者が増えていて、これもその風潮からきてる現象ですよね。
若者の賃金が低下していて、恋愛する金がないっていう人も多いと聞きます。
あと、激務すぎて恋愛してる暇がないってのもよく聞きますね。

恋愛は、それなりに資金的に、時間的に余裕がある人の道楽になったんですかね。
なんかさみしいような、どうでもいいような。

それでも、やっぱ恋愛って良いなって思います。
普通の人が行える、数少ない劇的なことの1つですから。
ド派手なアクションとか殺人事件とか宇宙旅行とか美少女にモテモテとか普通は起きませんが、恋愛映画のようなことだけはみんな結構やってるんですよね。

てことで、恋愛しているのはそれすなわち物語的なことなので、良いと思っとります。
劇的に生きていきたいものです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です