世界の大富豪2000人がこっそり教えてくれたこと読み終わった

スポンサーリンク

20141217-081404.jpg

「世界の大富豪2000人がこっそり教えてくれたこと」っていう本を読みました。
正確にはKindleストアで無料のサンプル版みたいなやつです。

最近、お金関係のお話しにハマりかけてまして、闇金ウシジマくんを一気見したりしてます。
自分とは違う経済圏で生きている人がどんな人生を送ってるか見ると、違う世界を覗いているようでドキドキします。

この本を読んだのも、大富豪が普段どんな暮らしをしているのか知りたいって感じでした。
へー大富豪って実はこんな毎日を送っているのか!ってのが見たかったのです。

でもちょっと、この本は思ってたのと違いましたね。
いわゆる意識高い系の自己啓発本でした。

内容も、どこかの本で見たことあるような事が多いです。
例えば、目標からやることを逆算してこなしていこう!とか書いてあります。
ぼくはずぼらな人間なので、目標を立てたときのモチベーションを何ヶ月も何年も持ち続けられないんですよね。
なので、ぼくはこうやって目標だけを見続けると途中で挫折しちゃいます。
日々ちょっとずつダラダラやるぐらいしか出来ないです。

あと、人と会うときは目的をはっきりさせろとか書いてあるのですが、それも打算的であんまり好きじゃないですね。
ぼくは思想がおこちゃまなので、ただ楽しいから会って遊べばいいじゃんとか思っちゃう。
毎回自分の成長のために相手を評価して会うなんて息苦しいです。

でも、面白い部分もありましたよ。
ウォール街のランダムウォーカーにも話しが出てくるウォーレンバフェットの資産が8兆円くらいあるとか、それなのに生活は実に質素であるなどの情報が載ってます。
他には、宝くじの1等を当てた人の95%は5年以内に資産を全部失うとか。
この辺はまさに読みたかった内容でした。

あと、自己啓発系でも役に立つ情報はありました。
話しをするときは相手の目を見て話すとか、それは確かにそうだなって思います。
居酒屋のバイトしてたときに意識してやってましたね。

まあ無料だったので、内容がどうあれ得しかないですね。
なんたって無料なんですもの。
コスパ計算は分母が0なのでできません(ゼロ除算)。
なので1円とカウントすると、500円くらいの値段はしてもおかしくないので、コスパ500っす。
タダってすばらしい。
Amazonさんありがとうございます。
m(_ _)m

帰ったらKindleの無料本漁ってみようと思います。
ではー。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です