【映画】意外な高クオリティ。デッド寿司感想

スポンサーリンク

20141208-080404.jpg

邦画のDVDを見ていると、予告にちらほらこの作品が出ていました。
ちょっと気になっていたので、以前友達が遊びに来たときに見てみました。

デッド寿司って名前とか、寿司が凶暴化して人を襲ってくる設定とか、もう完全におふざけB級映画だと思ってました。
実際おふざけB級であることは間違いないんですが、作りはチープじゃなかったんです。

だいたいこういうB級って、CGは実写から浮いてるし、アクションも実際にやるんじゃなくてカメラワークで誤魔化すものが多い印象です。
でも、このデッド寿司はその辺を無駄にちゃんと作ってあるのです。
寿司のCGは動きが良くて、質感も実写から浮いてませんし、アクションもすごい。

主演の武田梨奈ちゃんは、空手の黒帯なだけあって、本当にアクションがすごいです。
その辺のスタントマン使うよりキレがいいんじゃないかと思うほどです。
セゾンカードのCMで瓦を頭で叩き割ってるあの子です。
こんなに強いけど普通にかわいいんですよね。

そして、もちろんB級的なネタ要素も豊富に含まれてます。
寿司の交尾シーンと、いくら軍艦が本当の戦艦になって砲撃してくるシーンは必見ですよ。
仲間と酒のみながらダラダラ見るのに最適です。

ではー。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です