ガンダムGのレコンギスタを4話まで見てみた感想

スポンサーリンク

私は全くガンダムというものを見たことがありません。

なので、ガンダム界のことはよく分からず、よく聞くシャーセンヨーザクってのがどんな形をしているのかもわかりません。

それで今季、Gのレコンギスタというガンダムの新シリーズが出て、さらに伝説の監督が15年ぶりに作るということを聞いて、ちょっと見てみようかという気持ちになりました。

20141031-081501.jpg

録画していた4話までをばーっと見てみた感想は、意外にもおもしろかったです!

まず、ガンダムはもっとロボ中心でゴリゴリの男臭い宇宙軍人アニメだと思っていたので、Gレコのポップさに驚きました。
主人公はイケメンで明るく、若いです。さらにその同僚も陰気くさいキャラは居らず、ガールフレンド達もキャッキャしてて明るく可愛い。

1話冒頭の訓練のシーンで、これから巨大ロボットに乗って危険な宇宙に出ようというときに、ガールフレンド達は搭乗口まできてチアガールみたいなことをやっています。
教官は「お前らいい加減にしろよ〜」とかいいつつ、容認しちゃってるような感じです。
その、ガチガチにお硬くなりそうなシーンを、やんわりと緩和して軽めの雰囲気にしてるとこはすごいなって思いました。
なので、正座して「よし、ガンダムみるぞ…」と気構えなくてよく、純粋に「ちょっと楽しそうなアニメ見よう!」って気持ちで見れて良いですね。

次に、ノレドとアイーダという、2大ヒロインが良いですね。
ノレドは、主人公の事を好いている活発な女の子で、アイーダは最初は敵として襲撃してくる1国のお姫様です。
ノレドは、それはもう主人公にベタベタで、訓練でも出撃でもついていきます。
アイーダは特に主人公のことを気になっていないんですが、主人公がアイーダの事を気になっているようなのですね。

ノレドは、それに嫉妬してアイーダのことを目の敵にするのですが、その嫉妬の仕方が可愛いのです。
アイーダがいるときは、主人公の腕を抱いて、顔を主人公の方につけて、明らかに敵視したジト目でアイーダを睨みつけます。
これが、暗いメンヘラ系なら怖いんですが、普段は活発で男を落としたりしなさそうなので余計可愛いのですね。
ぼっさぼさのショートヘアーは不思議ですが、洗練されてなさが可愛くなってきました。

一方、アイーダ様はなんかエロいんですよね。
ガンダムに乗るときの全身タイツみたいな服のときはもちろん、囚人服を着せられているときめっちゃエロかったですね。
こんな高貴な子が囚人服着せられているっていう屈辱的なシチュエーションがいいのもありますが、何かに飛び移ったときに背中がめくれ上がっていて、主人公がアッと見るとことか良いですね。
囚人部屋がくずれて、落ちそうになるとこをなんとか捕まっているところで、ノレドが「お尻を出さない!」って言うほどです。
それでアイーダのお尻にパチンコを当てる、ノレドの子供くさい嫉妬の仕方がまた可愛いのですがw

Gレコ、継続して見たいと思います!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です