【ワンプレート飯】にんにくを効かせた焼肉丼の作り方【7皿目】

スポンサーリンク

お腹が空いてガッツリ食べたいときは、中華屋の焼肉丼のようなものを食べたくなりますよね。

そこで、今回はよく行く近所の中華屋の焼肉丼を目指して、自分で作ってみます。
レシピは以下の通り。

材料
・肉(なんでも可)
・野菜(なんでも可)
・にんにく(チューブ可)
・焼肉のタレ

作り方
1. にんにくをみじん切りにして油と炒める
2. 玉ねぎを切って炒める
3. 野菜・肉を切って炒める
4. 焼肉のタレを入れて絡ませる

まず、にんにくをみじん切りにし、炒めていきます

20141027-083629.jpg

ちょっと焦げ目が付くぐらいになったらOK。

20141027-083657.jpg

こうすることで、油ににんにくの香りが移り、香ばしくなります。

次に、玉ねぎを切って透明になるまで炒めます。
飴色になるまで炒めてもいいと思います。
これもにんにくと同様ですが、玉ねぎの甘さを引き出すことができます。

20141027-083909.jpg

最後に、残りの野菜と肉を入れて炒めていきます。

今回の具材は、豚バラ・キャベツ・ネギですね(あと最初に入れたにんにく・玉ねぎ)。
ここは、自分の好きなものを入れればいいと思います。
鶏モモ肉とかでも美味しそうですね。

20141027-084145.jpg

さて、ここまで来たら3種の神器の登場です。
その名も「焼肉のタレ」。

20141027-184610.jpg

そう、ただのタレです。

私みたいな基礎調味料を混ぜ合わせるスキルのない者にとって、神に等しい一品でございます。

これだけだと辛そうだったので、これも加えてみます。

20141027-184848.jpg

またただのタレ!!

この体たらくぶりが楽でいいんですよね。
こいつをかけて、絡まるまで炒めます。

20141027-185105.jpg

味見して、大丈夫なら盛り付けましょう。

20141027-185133.jpg

さてさてお味の方は。

ふむふむ!
これは焼肉の味ですね!(当たり前)

肉と焼肉のタレのガッツリ感の中に、キャベツなどの野菜の甘さがあって美味しいです。
にんにくが効いているところがまた食欲をそそります。
まさに男の飯って感じですね。

既成の調味料を使えば失敗することはないので、私みたいな料理オンチにはオススメです!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です