ドリップコーヒーの美味しい淹れ方

スポンサーリンク

みなさん、お家ではどんなコーヒーを飲んでいますか?

既に挽いてある豆にお湯を注ぐドリップコーヒーは、インスタントに比べて、味も香りもより濃厚なコーヒーを飲むことが出来ます。
しかし、自分でお湯を注いで入れなければならない分、淹れ方によって味が変わってしまいます。

そこで、ドリップコーヒーを濃厚で美味しく淹れられると言われている方法をご紹介します。
ポイントは以下の2つ。

1. 初めに10秒間蒸らす
2. 中央にお湯を入れる

今回は、新宿にある椿屋珈琲店で買ったこちらのドリップコーヒーを淹れてみます。

20141026-143248.jpg

カップはお気に入りの銀翼のファムカップです。

20141026-143554.jpg

まず、豆全体にお湯がかかるように、まんべんなく注ぎます。

20141026-143855.jpg

20141026-143901.jpg

イメージとしては豆全体を濡らすような感じです。
そしたら、10秒ほどそのままにして豆を蒸らします。

20141026-143945.jpg

豆を蒸らしたら本格的にお湯を注いでいきます。
お湯を注ぐ時のポイントは、豆の中央に注ぐことです。

20141026-144057.jpg

よくグルグルとやかんを回しながら注ぐのを見ますが、端っこに注がれたお湯のいくらかは、豆を通過しないで横のフィルターから漏れ出てしまいます。
漏れ出たお湯はとても薄いので、全体としてうすーいコーヒーになってしまいます。
それを防ぐために、中央にゆっくり注ぎ、全てのお湯を豆に通し、濃厚に成分を抽出するんですね。

20141026-144538.jpg

澄んだコーヒーを淹れることができました。

お家カフェが好きな方は、ぜひお試しください。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です