まるで怪物の超巨大な穴子天丼を食してきた!深川つり舟レビュー【64点】

スポンサーリンク

美味しさ ★★★★☆
安さ ★★☆
お店 ★★☆
健康 ★☆☆
(9/14=64点)

先日の休日に、私が住んでいる立川まで友人が遊びに来てくれました。
その日はお酒を飲んで私の家に泊まったのですが、次の日に何かご飯を食べに行こうという話しになりました。

さて、そこで何を食べるかが問題です。
ガッツリ系で行きたかったのですが、私は立川のそういうお店を知らなくて、何も提案できず…
すると友人が「国立に化物みたいな穴子天丼があるらしい」と、わけのわからないことを言ってきました。

「昼からゲテモノ食べるのキツイな…」
と思いつつ、代替案もないのでそのお店に行ってみることに。

国立に移動し、グーグル先生に道を教えてもらいながらお店へ。
ここまで来たらもう引き返せません。
どんな化物が出てきても戦う以外ありません。

昔ながらの庶民的居酒屋のような店内に通してもらい、穴子天丼(1200円)を注文。
出来るまでの間、ちょこっと1杯やることにしました。

20141018-102514.jpg

いや〜昼から飲む酒は最高ですね!
甘めの日本酒で、私好みでした。
銘柄を聞いておけば良かったなあ。

お酒をちびちび飲みながら、昨晩みたデッド寿司の話しをしていると、
「お待たせしました〜」
と、店員のお姉さんが私達のいる小上がりに入ってきました。
ついに穴子天丼とご対面!!

ん?!?!?!(◎_◎;)

20141018-103120.jpg

えwww

ちょwwwww

2本wwwwwwwwwwwwww

横にデカイとは聞いていたので覚悟していたのですが、その横にでっかいのがまさかの2本載っていました。
なんというサービス精神。
これで1200円とか安すぎて、お店を心配するレベルです。

友人が化物と言っていた意味を理解しました。
予想の2倍のボリュームだったんですもの。。。

さて、さっそく1口!
と思ったら、どこから食べていいのか分からない!!!
というか、穴子を動かした瞬間に丼から落ちそうになるので、とりあえず1本を取り皿に移動。
さて、改めて端っこから1口。

(サクッ!)

うお!
めっちゃサクッとしてる!!
衣がサックサクでめちゃめちゃ美味しい。

そしてその中に、フワッフワの穴子が詰まっています。
衣のサクサクと穴子のフワフワが絶妙で、幸せな気持ちになります。
きっと熟練の料理人にしか出来ない技なんでしょうね。
こんな天ぷら食べたことありません。

お味の方は、穴子と甘辛いタレが絡み合って、たまらないことになってます。
タレの甘さが非常に食欲をそそるので、下にあるタレご飯をガッツガツほうばってしまいました。
たまらんすぎる。

ここはご飯と味噌汁をおかわりし放題という素晴らしいサービスをして頂けるということでした。(本当に利益大丈夫なんだろうか…)
私は朝から何も食べておらず、めちゃめちゃお腹が空いていたので、ご飯3杯は食べようと決めていました。

しかし!
なんとたった1杯食べたところでギブでした…
この歳になると油がきつい…

こんなに美味しいものを無理して食べるのはもったいなさすぎるので、店員のお姉さんに持ち帰りをお願いすると、快くフードパックをいただけました。
愛想が良く、素敵な店員さんでした。
お店のご主人の娘さんなのかな?

ということで、なんとお土産に穴子をまるまる1本ゲットして帰路につきました。
半端でない満足感です。
お得感しかありません。

深川つり舟さんは、量で攻めてくる学生系のガッツリ店かと思いきや、良質な極上天丼を食べられるお店でした。
超絶オススメ!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です