富士急ハイランドの絶叫が怖すぎた話し

スポンサーリンク

先日、富士急ハイランドに行って来ました。

富士急といえば、日本一の絶叫アトラクションが揃っていることで有名です。

日本一の長さ・落差のFUJIYAMA。
日本一の瞬間速度のドドンパ。
日本一の回転数のええじゃないか。
落下角度121°の高飛車。

そして、日本一怖いと言われているお化け屋敷、戦慄迷宮を有しております。
富士急ハイランドは名実ともに日本一の絶叫遊園地といって良いでしょう。

私は、ディズニーに行っても絶叫ばかり乗るので、絶叫は得意だと思っていました。
なので、富士急に行くバスの中で、仲間と全てのジェットコースターに乗ろうと意気込んでいました。

富士急に到着すると、1番初めにFUJIYMAが登場します。
パンフレットにも、王道のジェットコースターと書いていたので、軽い気持ちでその列に並びました。
王道でコースが長いだけなら、涼しく乗って終わりだなと話しながら。

20140713-164004.jpg

1時間ほど人狼をしながら待ち、ついに私達の番に。
意気揚々と乗り込み、出発。
ガタガタとFUJYAMAは進み始め、まずはゆっくりと斜め上に上昇していきます。
隣に乗った高所恐怖症の友人は、もうすでに目をつむって微動だにしません。

それをちょっといじりながら、後ろに乗った仲間と遠くの山が綺麗だとか話していました。
「なんだ高いっていってもこんなもんか」と思いながら。

そしてジェットコースターは頂上に到達。
だんだんと水平に起きていく体。
そして次の瞬間、一気に落下。

とんでもない速さで70mを急落下する車体。
目の前には遥か先の地面。
これがもうとんでもない!!
自分が車体からぶっ飛んで行くんじゃないかと思うほどの衝撃。
内臓が全て宙に飛び出そうな速さ。
そして「死ぬ!やばい!死ぬ!」と考えていられるほどの落下の長さ。
体調良好だったのが、もう一瞬にして最悪のコンディションになりました。

でもまだジェットコースターは終わりません。

正直言って、もう最初のこの落下で限界でした。
本気で降りたいぐらいの気持ち悪さだったんですが、止まってくれるわけもありません。

70m急落下した車体は、とんでもないスピードになっていて、その後の落ちたり横にスライドしたり、ぐわんぐわんしたりするコースを駆け巡ります。

そしてとうとう本気で死にそうになってきたときに、ゴールの乗り場に到着。
最後にもう1回最初の落下が来たら多分気絶してました。

いやー。
舐めてましたね。。

その後、私は一切の絶叫系の乗車を拒否。
友人達はええじゃないかに乗りに行きましたが、丁重にお断りしました。
ダサいとは思いましたが、もう怖すぎて本当に無理でした。

その後、他に2人だけいたFUJIYAMAトラウマ勢と、優しいアトラクションを回りました。
具体的には、戦慄迷宮、鉄骨番長、EVA WORLD。
私はホラー映画に慣れているので、戦慄迷宮は大したことありませんでした。

いやはや、富士急甘くないですね。
正直、私はこの遊園地を楽しめる気がしません。
絶叫系が好きで、とにかく怖いやつに乗りたい方にはオススメです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です