南雲吉則の健康法は最新医学かオカルトか

スポンサーリンク

先日、「全力教室」というTV番組に、「南雲吉則」先生というお医者様が出ておりました。

その方が講義なされていた健康法が気になったので、どれぐらい使えるものなのか、考えてみました。
番組内で先生が仰っていたことで、私がなんとなく覚えているのは以下の6つ。

1. 1日1食
2. 食べ過ぎない
3. 一汁一菜
4. 完全栄養
5. 食べたらすぐ寝る
6. 心拍数を上げすぎない運動をする

それぞれ考えてみましょう。

1. 1日1食

これは、従来の常識ではタブーとされているものですね。
日本では「1日3食ちゃんと食べなさい!」と教えられます。
巷では、「1日1食や2食だと逆に太る」と言われています。

まず、効果があろうがなかろうが、1日1食は私はムリです!
そんなのお腹すいちゃってしょうがありませんw
私が運動部だったこともあり、筋肉質な体だからかもしれませんが。
ということで、これはスルー。

2. 食べ過ぎない

これは大賛成です。
食べ過ぎると明らかに体調が悪くなるので。
胃にも負担かかってるのが、如実にわかります。
でも、実践するのは難しい。
ついお腹いっぱい食べちゃいたくなるんですよね。

なので、南雲先生が仰っていた、「ドカ食いしたら次を抜けば良い」っていうのを実践してみました。
完全に抜くことは出来ていませんが。
例えば、「夜ドカ食いした次の朝は野菜だけにする」とかはやってみました。
それでも、案外調子いいですね。
まだ確証はありませんが、私に合っているかもしれません。
今までは、ドカ食いした次の食事も「健康のため」とちゃんと食べていました。
でも、そのときは結局具合悪くなっていたので。
まあよく考えれば当たり前ですが。。

3. 一汁一菜

これも、実践すれば効果があるのはなんとなく感じるんですが、難しいですね。
ガッツリ食いたいときもあるので。。
でも、野菜を意識して取るようにしなきゃなってのは思います。

4. 完全栄養

完全栄養っていうのは、食品をそのまんま全部食べることらしいです。
例えば、みかんを皮ごと食べたり、魚を頭からしっぽまで全部食べたりすることだとか。

昔から「皮に栄養があるんだから」ってことは言われてきていることなので、新しいことはないですね。
ただ、現代で実践している人は少ないです。
料理する時、皮は捨てちゃいますもんね。
出来るだけ、全部食べれるように工夫したいと思います。
でも、やっぱ若干めんどくさい(^_^;)
実践する場合は、農薬などが心配なので、調理前にしっかり洗ったほうがいいでしょうね。

5. 食べたらすぐ寝る

これはもう大反対です!
私はこれだけはムリです!
食べてすぐ寝てしまった後は、喉や口まで胃液が上がってきていて、荒れちゃいます。
逆流性食道炎ってやつです。
この気持ち悪さはハンパないので、私はできませんね。。

6. 心拍数を上げすぎない運動をする

これも良いと思いますね。
心拍数を上げ過ぎると心臓に負担がかかるのは、素人考えでも明らかなので。
ある程度歳をとってからは、ムリしすぎない運動をしましょう。
南雲先生は、ウォーキングが良いと仰ってました。
それは確かにそうでしょうね。

私は、自転車で移動したり、軽いランニングもいいと思います。
激しくやりすぎなければ、そこまで心臓がバクバクいわないので。
 
 
以上でした。
私的な結果は、こんな感じ。

☓ 1. 1日1食
◯ 2. 食べ過ぎない
△ 3. 一汁一菜
△ 4. 完全栄養
☓ 5. 食べたらすぐ寝る
◯ 6. 心拍数を上げすぎない運動をする

こんな感じでした!
やっぱ食べ過ぎないことが、体を疲れさせないためには必要ですね。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です