WordPressを色々高速化した結果CloudFlareで爆速化した – 測定結果あり

スポンサーリンク

最近、Google mod_pagespeedをCentOSに入れてサーバを高速化しました。
→「Google mod_pagespeed入れたらWordPressがめっちゃ速くなった!測定結果あり

しかし、それでも結構重いので、検索して出てきた高速化方法を試しまくることに。

高速化前

まず、初期段階(Google mod_pagespeedは入ってる)の測定結果はこちら。
速度測定にはGTmetrixを使います。
検証ページは、このブログのトップページです。

同時接続数調整後

アップデート

とりあえず、「yum update」で色々なソフトウェアをアップデート。
その結果がこちら。

もと

ほんのちょっと良くなりましたが、ほぼ誤差の範囲内ですね。

不要モジュールの削除

次に、Apacheの不要なモジュールの削除を行いました。
今まで、デフォルトのままApacheを使っていたので、かなりの不要モジュールが動いていました。
どのモジュールを切るかは、以下のブログをご参照下さい。
→「ウェブ開発者のための、1時間でできるLAMP環境構築術(CentOS編)

その結果がこちら。

モジュール削除後

これも変化なしですね。

同時接続数の調整

次に、Apacheの同時接続数を変更。
これも上記のブログ様の設定を真似させていただきました。

その結果はこちら。

モジュール削除後

うーむ、変化なし。
このへんは、サーバの処理は軽くなるけど、クライアントのブラウザにとってはあまり変化ありませんね。
もちろん、数万のアクセスがあってサーバの処理を少しでも軽くしたい場合は別ですが。
このブログはそこまでアクセスがないので、あまり関係ありませんでした。

001 Prime Strategy Translate Accelerator

これはWordPressのプラグインで、日本語翻訳ファイルをキャッシュするものだそうです。
元々WordPressは海外のソフトウェアなので、日本版では毎回日本語ファイルを読み込んでいるんだとか。
それを事前にキャッシュしておくことで、読み込み時間がなくなります。
詳しくはこちら→ 「翻訳キャッシュのプラグイン 001 Prime Strategy Translate Acceleratorの使い方

導入後の速度はこちら。

アップデート後

なんか速くなりましたね。
3秒すれすれまで来ました。

Cloud Flare

これは、無料で使えるCDNです。

CDNとは、「Contents Delivery Network」の略です。
その機能を簡単に言うと、画像などの重たいファイルだけ違うサーバに置いておこうっていう機能です。
そうすると負荷が分散するので、クライアントのブラウザに効率よくデータを送ることが出来ます。
詳しくはこちら→ 「5分でセットアップ!無料CDN「CloudFlare」を使って負荷を軽減

これを導入した結果がこちら。

CloudFrare

(゚д゚)!

いきなり爆速化した!!

今までの苦労はなんだったのかw
これはとてつもない効果を発揮するサービスですね。

Cloud Flareは独自ドメインを持っていないと出来ないですが、持っている方は一度試してみる価値があると思います。

速くなって良かった!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です