好きに食べても太らない体になるための10分トレーニング考えた

スポンサーリンク

最近ちょっとお腹まわりに無駄な油がついてきました。

太りたくはないものですね。
できるだけ良いスタイルを維持したいたいです。

でも、やっぱり好きなご飯もお腹いっぱい食べたい。
おいしいものを食べることは人生の目的の1つですからね。

となると、あとは基礎代謝を高めるしかありません。
基礎代謝が高まれば、特別に運動しなくても太ることはないはずです。
ということで毎日トレーニングすることにしました。
そのメニューを考えていきます。
 

条件

トレーニングメニューを考えるうえで決めた条件はこちら。

  1. できるだけ代謝が高められる
  2. ガチムチにならない
  3. 1日10分以内

それぞれについて考えていきます。

条件1.できるだけ代謝が高められる

この条件をクリアするためには、できるだけ大きな筋肉を鍛えるのが効率良いと思います。
おそらく大きな筋肉だと思われるのは以下の4ヶ所ですかね。
・脚全般
・腹筋まわり
・背筋などの姿勢維持筋
・腕全般

そしてそれらを鍛えられるお手軽なトレーニングはこちら。
・水平足踏み
・スクワット
・ランジ
・ランニング
・腕立て伏せ
・腹筋(クランチ)
・ロングブレス
・背筋
・空気椅子グーパー

条件2. ガチムチにならない

いくら太らない体になっても、ガチムチにはなりたくありません。
やっぱり細マッチョぐらいがカッコイイと思います。
私的には水嶋ヒロ君みたいな体型が理想です。

ということで、鍛えるとガタイがよくなりそうな筋肉は除外。
具体的には次の3つぐらいかな?
・胸筋
・背筋
・肩筋

それらを鍛えちゃいそうなトレーニングは除外です。
ということで残るトレーニングは以下の7つ。
・水平足踏み
・スクワット
・ランジ
・ランニング
・腹筋(クランチ)
・ロングブレス
・空気椅子グーパー

条件3. 1日10分以内

毎日やるのであれば、10分くらいで終わらないと怠惰な私には続けられません。

上記のトレーニングから10分で収まるメニューを考えます。

まずは1番大きい筋肉であろう脚全般から。
ランニングはおそらく最高の効果を発揮するトレーニングですが、10分じゃ収まらないので除外ですね。
他に脚全般を鍛えられそうなのは水平足踏みとスクワットです。
有酸素運動にもなりそうなので、ここは水平足踏みを選択します。
これは3分くらいで終わります。

次に大きいであろう筋肉は腹筋ですね。
クランチかロングブレスか、どちらでも効果はありそうです。
ですが、ロングブレスの方が呼吸器まわりのインナーマッスルも鍛えられそうです。
より広範囲の筋肉を鍛えられた方がお得なので、ロングブレスを選択します。
これは2分くらいで済むので、足上げと合わせて5分です。

残るは腕ですね。
上腕が鍛えられているとかっこいいので、空気椅子グーパーにします。
空気椅子グーパーというのは、壁にもたれかかりながら空気椅子をし、両手を前方にまっすぐ伸ばして、手のひらを開いたり握ったりを繰り返す筋トレです。
よく運動部が筋トレでやってますよね。
これも2分くらいで終わるので、合計7分、ゆっくりやっても10分で収まります。

まとめ

毎日、
・水平足踏み200回
・ロングブレス
・空気椅子グーパー150回
行う。

ちょっとやってみると分かりますが、これが案外ハードです。
なので、やり続けられば効果が間違いなくでると思います。
あとは続けられるか。

とりあえず毎日お風呂溜めてる時間にでもやってみようと思います。
がんばろー!

水平足踏みとロングブレスのやり方については以下の記事をご覧ください。

室内で出来る有酸素運動! 水平足踏みダイエットとは
ロングブレスダイエット −体がスリムになり、腹筋も割れ、心のタフネスもあがる「呼吸法」


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です