【アニメ感想】劇場版 STEINS:GATE 負荷領域のデジャブ

スポンサーリンク

★★★☆☆

私の住んでいる地域では今日から公開だったので、さっそく観に行ってきました。

久々にシュタゲの世界観とキャラクターをみられたので、それだけで単純に嬉しかったです。
予告版には鈴羽があんまり出て来なかったのですが、本編にはちゃんと出てて安心しました(笑)。
でも、なんか変な服着てましたねw
あのジャージ姿が好きだったので、ちょっと残念です。

しかし、今回の牧瀬氏はデレデレでしたね。
テンプレ的なツンデレでしたが、普通に可愛かったです。
シャワーのサービスシーンもあってニヤニヤしそうになりましたけど、劇場だったので自重しましたw

ストーリーに関してですが、うまいことテレビシリーズから話しを繋げたなと思いました。
シュタゲのテレビシリーズは非常に完成度が高く、最後が完璧に終わっているので、どうやって続編をやるのか気になっていました。
日常パートが大半なのかとも予想していましたが、違いましたね。
リーディングシュタイナーが原因でシュタインズゲート世界線にとどまれないっていう展開だとは予想できませんでした。

これはこれで良かったのですが、正直いうと劇場版でやる内容ではなかったかなと思いました。
この内容だと会話がメインであまり動きが出ないので、劇場の大画面があんまり生きていませんでした。
どちらかというとOVAでやればよかったかなって感じです。
テレビシリーズで何度もまゆしーが死んでしまうような、そういう緊迫感が出る展開があっても良かったかなと思います。
でも、やりすぎるとテレビシリーズファンから苦情が出るので、無難に成功させるという意味では良かったとも言えるのですかね。

なんにせよ、私はシュタゲのキャラクターはみんな優劣つけがたいほど好きなので、新ストーリーで彼女たちが見れただけで行った価値がありました。(萌郁以外)
今度は日常パートメインのやつとかも見たいですね。

最後にブックカバーが格好良かったので買ってきました。
でもちょっと作りがちょっと荒かったので、実用性は低いかもしれませんw
観賞用として飾っておきましょうかね。
2013-05-11 20.37.39
 
 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です