禅 シンプル生活のすすめ 感想

スポンサーリンク

★★★★☆

こういう本が読みたくなるときって、ちょっと心が病んでる時ですよね。
でも、私は今、特別病んでいるわけではありません。

ではなぜ読んでみようかと思ったかというと、スティーブ・ジョブズの伝記を読んで、彼が禅にハマっていたというのを知ったからです。
私は元々日本的なものが好きなので、なおさら興味がわいてきました。
それで、アマゾンで一番レビューが良さそうだった本書を選んで買ってみたわけです。

読んでみると、禅っていうのは意外と堅苦しくないなっていう印象でした。
例えば、部屋を整えることで心が軽くなるという話しであったり、1杯のコーヒーを丁寧に入れてみようという話しであったり、普段の生活で出来ることばかりです。
私は今のところ病んでませんが、それでも試してみようかなと思うものがいくつかありました。

禅っていうのはおそらく、「1日の満足度を上げる心がけや行動」なんじゃないかと思います。
「軽い気持ちで生きるための心がけや行動」とも言えるかもしれないですね。
天国とか神様とかそういう宗教的な話じゃなく、どう生活するかっていうことにフォーカスしてるのが個人的に好きでした。(仏様はちょっと出てきます)

そして、禅の教えの中心になっている考えは、「理想を持たない」ってことなのかなと思いました。
事実を事実のまま受け止めるという話しや、欲に支配されないようにするという話しからも、それが感じられます。
ようは、希望や理想がなければ、現実に絶望したり、悩んだりすることもないってことなんじゃないですかね。
その方がありのままの自分でいられて、毎日楽しいんじゃないかっていう。

この考え方については、無条件で賛成というわけにはいきません。
私は何かに情熱を持っていることが、楽しく生きるためには必要だと思ってるからです。
でも、なりたい未来ばっかりにとらわれて、今を楽しめないのでは意味がないですよね。
だから、その中心ぐらいで、未来の為に行動しながら今も楽しむことが出来ればいいなと思います。

ちょっと心が病んでる人、病みそうだなって人、元気だけど禅に興味ある人におすすめです!
病んでませんが気持ちが軽くなりました。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です