トップをねらえ2! 感想

スポンサーリンク

トップをねらえ2!見終わりました。
あーもう興奮冷めやらません!
ホントにもうこれ大好きですね。

最初は1と全然違うと思ったのですが、しっかり1との繋がりが出てきて感動!
1の最後にめっちゃ感動した、あのオカエリナサイがこんな形で繋がってくるとは!
ディスヌフの覚醒型がコーチの顔だったり、ラルクの衣装がトップだったり、努力と根性だったり!
もう演出がにくい!!にくすぎる!!

これ、1と2を続けて観てるボクですらこんな興奮なのに、リアルタイムで16年ぶりにトップをねらえを観た人とかやばかったんじゃないですかね。
ノリコ達の時代とノノ達の時代の時間の差を、リアルに感じちゃうというか。

ノノは本当にいい子ですね。
どこまでいっても真っ直ぐで、観ているだけで元気もらえます。
ラルクはボクにとってかなりツボな女の子です。お気に入り。可愛い。結婚したい。
チコも良かったですね。
カシオもなかなかいいキャラしてます。

6話しかない分、全話面白いです!
最終回はもちろんですが、とくに好きだったのは4話ですね。
ノノが初めてバスターマシン7号として出てくるところのセリフが熱い!

「なぜなら!本物のバスターマシンパイロットは!本物のノノリリは!心にバスターマシンを持っているからです!」

うおおおおおおお!
かっこよすぎ!

ノノの舌っ足らずな喋り方がまた好きです。

あとは2話のチコの話しもいいですよね。
チコが過去を乗り越えて成長するところは感動します。
最初はあんまり好きなキャラじゃなかったですが、この話しが終ったときにはもう大好きになってました。

あとはあのポップなOPがなんとも絵の綺麗さに合っていてイイ!
この曲がトップ2の熱いながらも明るい印象を作っていると思います。

2のプロットを作るとき、1の原作者である岡田斗司夫さんにアイデア出してもらったそうですが、あの人が絡むとこういうことになるんですね。
構成が完璧すぎます。
地球をぶっ飛ばそうとするアイデアにはまずこっちがぶっ飛びそうになりました。
地球が動き出したときはもうスケールがでかすぎて圧倒されてました。
それから同じサイズのダイバスターが出てくるんだからもうヤバイですよ!

ラルクは地球を投げようとしますが、やっぱりノノは地球を守ろうとするんですよね。
ノリコ達が命がけで守った地球だから。
ここでぶっ飛ばしてたら、ノリコ達が帰ってくるところもなくなってました。
そうやって、実は1そのものが沢山の伏線になっていて、華麗に回収してくるもんだから興奮しないわけがありません。

大好き!ありがとう!努力と根性!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です